head_img

(社)日本眼鏡技術者協会 SS級認定眼鏡士の店

【認定眼鏡士】をご存じですか?
みなさんは、どこのメガネ店でも同じ技術で、同じメガネができると考えていませんか? これがまったく違います。
では、メガネを作る前に、技術があるかないかを見極める判断基準として、 眼鏡関連では唯一、厚生労働省からの許可を受けている、(社)日本眼鏡技術者協会が、 技術の裏付けとして認めたのが「認定眼鏡士」です。 この資格を持ったお店なら、ある一定以上の技術レベルにあると判断できます。
原則として3年以上の眼鏡学校卒業生で認定試験に合格した人を眼鏡士として認定しています。 メガネの朝日堂・来迎寺店店長の「板場浩」は1993年3月に日本眼鏡専門学校を卒業(注1)して、 毎年、資格維持のためにさまざまな講習を受けて、さらなる技術を磨いております。現在は【SS級認定眼鏡士】です。
(注1)日本眼鏡専門学校は、2000年に早稲田眼鏡専門学校と合併して、現在は東京眼鏡専門学校となっています。


(社)日本眼鏡技術者協会のページ