高校野球対応メガネ

高校野球でもサングラスの使用が認められていますが、どのサングラスでも使用できるというものではありません。日本高等学校野球連盟のHPのなかに「高校野球用具の使用制限」できっちり規定をしてあります。

-----引用はじめ-----
18 サングラス
・サングラスを使用する可能性があるときは、試合前(メンバー交換時)に主催者・審判員に申し出て許可を得たものの使用を認めることとする。 ・メガネ枠はブラック、ネイビーまたはグレー(ホワイト不可)とし、メーカー名はメガネ枠の本来の幅以内とする。グラスの眉間部分へのメーカー名もメガネ枠の本来の幅以内とする。なお、メーカー名はメガネ枠と同色とする。(昨年度まで同色でなくても可としていたことから2年間は猶予期間とし2019年度からは同色のものに限る)また、著しく反射するレンズのサングラスの使用は認めない。
-----引用おわり-----

ここではサングラスの規定はありますが、メガネフレームについては何も書かれていないので、高野連に問い合わせたところ「メガネフレームもサングラスに準ずる」との回答をいただきました。

昔からの普通のフレームなら特に問題ないのでしょうが、野球で使うメガネは視野が広い方が良いので視野の広いスポーツ用のフレームがおすすめなのですが、最近のスポーツフレームは、レッドやイエロー、ブルーなどとてもカラフルになっているものが多く高校野球では使えません。
このようなカラーのスポーツ用メガネフレームは使用できません。
スポーツ用メガネ
でも、なんとかこのスポーツ用のメガネを使えるようにできないかと、メーカーに相談しましたがよい返事がなく(2017年5月)、ならば当店オリジナルで、高校野球モデルにリメイクしようと考え作りました。

それがこのメガネです。
高校野球モデル
このメガネを高野連に送って確認を取りましたので、問題はありません。ぜひ全国のメガネ使用の高校球児にこのメガネを使ってがんばってもらいたいと思います。

高校野球対応メガネレンズ

上記のフレームに使用する眼鏡レンズは、HOYAのRG435をつけたレンズをお勧めします。<br> 理由は、最近の研究でわかったことですが、高エネルギー可視光線といわれる短波長光が紫外線と同じように眼に悪影響をおよぼします。 野球は屋外のスポーツなので、紫外線をはじめ高エネルギー可視光線の影響にさらされる時間が以上に長い。そして、水晶体が透明な若い世代の網膜は、ダメージを受けやすくなっているからです。
このRG435のレンズは、紫外線はもちろんカットしますが、高エネルギー可視光線といわれる短波長光を現在発売されている眼鏡用レンズで一番カットする性能に優れているからです。それとHOYAの数多い製品にオプションで付けられますので、フレームとのマッチングもとても良いです。

高校野球対応メガネ価格

高校野球対応メガネフレーム 画像のフレーム 14,000円(税抜)
目を守るレンズ HOYA RG435 1.60アイアス材 球面 2枚1組20,000円(税抜)~
フレームやレンズはいろいろありますので、お気軽にご相談ください。
破損保障制度や次回会員特典などご用意しております。

中学野球対応のメガネ

新潟県の中体連のほうに確認しましたら、中学校の野球でも「高校野球でのルールでやります」と回答をいただいていますので、中学生の野球部員にも大丈夫です。