メガネをかけないで運転したら・・・交通違反の点数と反則金

運転免許の条件等で「眼鏡等」などとなっている人も多いと思います。


この免許条件違反は、違反点数が2点、反則金額は、大型車で9,000円、普通車7,000円、二輪車6,000円、原付車5,000円となっています。(2017年9月14日現在)

眼鏡等使用になっていても、かけなくても運転できるからと言って、かけない人もいるみたいですが、安全運転のためしっかりかけてください。

最近では、白内障の手術をする方も多いです。白内障の手術前は眼鏡着用でも、白内障術後は今までの眼鏡をかけるより、裸眼の方がよく見えると言う方も多いです。

そういう人が裸眼で車の運転をしていると、免許証には「眼鏡使用」になっているので違反になります。すぐに運転免許センターで「条件解除」の手続きをとって下さい。

また、白内障の手術をした方はサングラスがあるととても便利です。オススメは高エネルギー可視光線をカットする朝UVカットレンズのサングラスをお勧めします。

視力


学校で視力検査が始まってきました。学校で測る視力検査(普通の視力検査も)は遠見視力のことです。

遠見視力があるという事は、近見視力もあります。

遠見視力が良ければ近見視力も良いことが多いですが、なかには、遠見視力は良いものの近見視力が悪い場合もあります。

長岡市では学校検診での近見視力検査は実施していません。1日も早く近見視力検査が学校検診で標準検査項目として行われることを期待しています。