メガネの着脱がやりやすいように


右手は使えなくて、左手も親指、人差し指、中指の3本しか動きません。

メガネを試着している時も、テンプルがメタルで細くて薄いタイプだと、なかなかつかめなくてメガネの着脱に苦労していました。

お客さんにメガネをつかみやすいようになにか部品を取り付けましょうか?と提案したら「ぜひそうしてほしい」と言うことなので、初めての試みですが作ってみました。取り付け場所も、お客さんの指が届くところを調べておいてつけました。

気に入ってくれるといいなぁ。

adidas × NXT 野球用サングラス


届きました。

野球の時に、サングラスレンズの裏面反射が酷過ぎて使い物にならなかったadidasのサングラスを、NXTレンズでダイレクトに度付きサングラスにしました。

超いいです。

レンズはこんな感じでカットしてあります。

紫外線カットと眩しさ


毎年この時期になると、紫外線対策でサングラスをかけて紫外線から目を守りましょう。サングラスのレンズカラーは濃いものよりも薄いものを選びましょう!と必ずと言っていいほど言われます。

その理由は、色の濃いサングラスは瞳孔が広がり紫外線が目に入りやすくなるためということですが・・・

この理由はわからなくもないですが、どの程度のレンズカラーの濃さで、どの程度瞳孔が散大するのか?、そして眼疾患のリスクはどのようになるか?わかっていないことも多いです。

仮に濃いレンズのサングラスを着用した時の瞳孔径が2.5mm、薄いレンズのサングラスを着用したときの瞳孔径が2.3mmだったなら、118%多く紫外線が入る可能性があります。(この数字はあくまでも仮定として書いてあります)

紫外線は目に見えない光なので、紫外線をみても眩しさは感じません。眩しさを避けるにはレンズに色をつける方法となります。色が濃ければ濃いほど眩しさは防げます。日常生活に使うには、ギリギリまぶしく感じない薄い色で良いと思います。

紫外線と眩しさからは少し話しが変わりますが、目を守るためには、従来の紫外線カットレンズ+カラーレンズの方法よりも、超UVカットレンズ+カラーレンズのサングラスをお勧めします。

結論:紫外線だけカットしても眩しさは防げません。目を守るには、超UVカットレンズ+カラーレンズのサングラスの使用です。小さいよりそこそこ大きいレンズがよいでしょう。


右レンズ、スモーク85%
左レンズ、スモーク50%

高校野球対応メガネフレーム

高校野球対応のメガネフレームが出来上がりました。現物を高野連に送って確認してもらいましたので間違いなく大丈夫です。

このメガネをかけた高校球児が甲子園で活躍される日を願っています。

NXTレンズ

NXTレンズの取り扱いを始めました。このレンズの優れているところは第一に耐衝撃性がどのレンズよりも優れていることです。

これにより、各種スポーツサングラスのレンズとして破損により目を怪我から守ることができます。最近はサバイバルゲームの保護サングラスとして使用する方も増えています。

その他としては、大口径の度付きサングラスレンズがありますので、オークリーやアディダスのサングラスも度付きにできます。

お気に入りのサングラスを度付きサングラスにしませんか?ぜひお気軽にご相談ください。


NXTカラーサンプルです。

視力


学校で視力検査が始まってきました。学校で測る視力検査(普通の視力検査も)は遠見視力のことです。

遠見視力があるという事は、近見視力もあります。

遠見視力が良ければ近見視力も良いことが多いですが、なかには、遠見視力は良いものの近見視力が悪い場合もあります。

長岡市では学校検診での近見視力検査は実施していません。1日も早く近見視力検査が学校検診で標準検査項目として行われることを期待しています。

山菜採りと遠近両用メガネ

山菜採りに行きました。いつものトレッキング用のNIKEのメガネ(遠用単焦点メガネ)を忘れてしまいました。↓


仕方なく、かけていた普段用の遠近両用メガネで山菜採りにいきました。


私の感想は、できなくないけど、NIKEのメガネの方がはるかにいいです。

理由は、ぜんまいを探すときに山の斜面を右から左、左から右にスキャンするように見回しながら探すのに、遠近は見えにくかったです。景色を見ても、レンズ下部の老眼部分では景色がぼやけて見えたので、せっかくの景色がスッキリ見えませんでした。

私はまだ老眼が弱く近視なので、遠近両用メガネより、遠近単焦点のメガネのほうが良いと思いましたが、老眼が強かったり、近視ではなく遠視だったり、カメラやスマホを使うかなど、近くを見ることが多いのかによってもどちらがいいか一概にはきめられません。

超UVカットレンズとは

先日投稿した超UVカットレンズの記事を見て、「超UVカットレンズとはなんですか?従来のUVカットレンズより強力に紫外線をカットするレンズですか?」と質問がありましたのでお答えします。

ここで言う超UVカットレンズとは、普通の紫外線カット(UV 400)でもなく、普通のブルーライト用でもなく、それに加えて、高エネルギー可視光線(HEV)、そして重要な波長の435〜440nmをブロックする新世代レンズでのことです。