head_img

アルビレックスカラーのメガネ

アルビレックスカラーと言えば、オレンジとネイビーブルーですよね。
アルビレックスBC アルビレックスBC
この組み合わせのメガネやサングラスってなかなかないですよね。仮にあってもデザインが自分好みでないとか・・・
そこで、ないなら作ってしまえということで、ここからは新潟アルビレックスBCファンの店長が 自分のメガネを、アルビレックスカラーにする、奮闘記です。

メガネ屋の立場からすれば
1.メタルフレームならメッキを変えることができる。予算は8,000円程度、時間は約2週間程度でできる。 どの程度きれいなアルビレックスカラーがでるかが問題である。
2.プラスチックフレームなら、オーダーメイドでメガネを作ることができる。 予算は手作りメガネ・EASYコースで19,000円。 これならアルビレックスカラーの生地さえあれば間違いなくできます。(なかなかないのですが・・・)ただしできあがるまで1ヶ月ちょっとかかる。

そこで、まず、早く簡単に安くできないか考えてみました。
A.プラモデル用のスプレーを使う。
B.車の補修用のタッチペンを使う。
C.マニキュアを使う。

メガネは顔に触れるので、AとBは危なそうなので、Cからやってみることにしました。
注意:A.B.Cの方法が、人体への安全性や、フレームやレンズに与えるダメージはわかりませんので、 絶対に真似をしないでください。私や当店は一切の責任は負えません。

1.アルビレックスカラーのマニキュアを用意する。100円ショップで買いました。
アルビレックスカラーメガネ
2.メガネを用意する。今回はこのメガネをアルビレックスカラーにしたいと思います。
アルビレックスカラーメガネ
3.メガネを分解、洗浄する。中性洗剤で洗い、最後にアルコールでキレイに拭きました。
アルビレックスカラーメガネ
4.マニキュアを塗る。キレイな色になるまで何度も塗りました。ムラがないように塗るのはとても難しいです。
アルビレックスカラーメガネ
5.組み立てて、完成です。
アルビレックスカラーメガネ
メガネを分解するのにドライバーが必要です。ネジが小さいのでピンセットがあると楽に作業ができます。

どうですかこの出来栄え。写真でみているとすごくキレイに仕上がっていると思いますが、 やはり色ムラがあり、キレイに塗れていません。そして、どの程度耐久性があるか気になります。 汗がついたり、水洗いをしたらどうなるでしょうか?
でも、早くこのメガネをかけて応援に行きたいです。球場で見かけたらぜひ声をかけてください。

-----ここから、2014年5月追記-----
先日、このマニキュアメガネをかけて、アルビレックスの試合を観に球場に行ったら、ある人から「いいメガネですね」と声をかけられました。 確かにオリジナルのメガネカラーなので、アルビファンとしては少しなりとも目立つかもしれませんが、なにせマニキュアを塗っただけなので、 クオリティーが低いので、メガネ屋として、ちょっと恥ずかしくなりました。
そこで思い切って(そんな思いきるほどではありませんが・・・)きちんときれいにアルビカラ―に塗装しようと思いました。 みてくださいこの仕上がり。色も均一になっていて、色合いも思ってたとおりにできたので大大大満足です。
アルビレックスカラーメガネ

アルビレックスカラーメガネ
修理価格は8,000円+税、修理期間は2~3週間となります。 塗装の場合は、ほぼどんな色にもできますので、ご希望の色見本をご持参の上、ご来店ください。
-----ここまで、2014年5月追記-----

お使いのメガネを、アルビレックスカラーにできます。詳しくはこちらよりお問い合わせください。
アルビレックスカラーのメガネを作ります。詳しくはこちらよりお問い合わせください。